Home > 2008年09月18日

2008年09月18日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

掛け声

ランチを食べようと会社のそばの小洒落たメシ屋に行った。

この界隈では人気の店で、ピークの時間帯だったこともあり混んでいた。
厨房はガラス張りでシェフは手際よく調理している。
ホールスタッフも元気いっぱいで、店全体に活気があった。
味も申しぶんなく、価格もリーズナブル。
平日のランチとしては充分に満足だった。

だがひとつだけ、気になることがあった。

会計を済ませて出口に向かったときのことだ。
あるホールスタッフが、威勢良く言った。

「お客様お帰りでーす!」

おそらく店を出る客を見かけたらすぐに掛け声を言う決まりになっているのだろう。
そして掛け声に気づいた他のスタッフが客に向かって一斉に声をかけるのだ。

(第一発見スタッフ)「お客様お帰りでーす!」
(他のスタッフ一同)「ありがとうございましたー!」

みたいな、そういう店独自のルールが存在しているに違いない。

だのに。
僕のときは、その掛け声が聞こえなかったのだろう、他のスタッフから誰も「ありがとうございましたー!」が返ってこなかった。

いちおう断っておくと、だからって僕にとっては別にどうでもいい話だ。当たり前だ。

だが、掛け声をかけたスタッフは意地になったのか、再び僕の背中に向かって言った。

「お客様お帰りでーす!」

店内が賑わっていたせいか、やっぱり反応がなかった。

結局、彼は何度も何度も「お客様お帰りです!」「お客様お帰りです!」と連呼していた。

そこはもう、ふつうに「ありがとうございましたー」に切り替えればいいのに。

おかげで、なんかすごく帰りづらかった。



(了)




シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > 2008年09月18日

Search
Feeds
Others
あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。