Home > スポンサー広告 > 卒業 (前編)

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > スポンサー広告 > 卒業 (前編)

Home > Essay > 卒業 (前編)

卒業 (前編)

卒業 (前編)

※はじめに

今回の文章には表現上、読まれる状況によっては不適切と
思われる箇所が幾つかある。
特に食事中の方はご遠慮いただいた方が無難かもしれない、
と先にお断りしておく。


+++


いよいよ、子供が育っている。

なんだか庭に植えた有機野菜みたいな表現になっているが、
親はなくとも子は育つというか、親の心子知らずというか、
親サイドの意図とは別に、子供がどんどん知恵をつけとる。

どんどん生意気になっており、いっちょまえに自我も芽生えて
たんに駄々をこねるだけでなく、いっぱしの反抗もしやがる。

このまま順調に成長すれば、15歳くらいになったときに
盗んだバイクで走り出すんじゃないかと思う。

校舎の窓ガラスを壊して回ったりするかもしれないが、まあ、
さすがに息子の時代でそんなことをしても流行らないだろうし、
そもそも、まだ先の話だ。


そんな僕の息子は、今年で4歳になる。

いわゆる「年少」世代として、近所の保育園に通っている。

園では、集団行動のイロハからいろいろと教わっているが、
それ以上に、同じクラスの友達から学ぶことが多いらしい。

これまで一度もオンエアを見せたことがないにも関わらず、
『仮面ライダー』や『ボウケンジャー』などのヒーローを
真似できたりするのは、他の子供から影響を受けた証拠だ。


子供同士で遊ぶことで「子供らしさ」を培っているようだ。

それを確信したのは、最近、ある「気づき」を得たからだ。

ぶっちゃけると、このところの息子の発言に





うんち





が多いのである。

ほかにも「しっこ」「ちんこ」「おしり」「おなら」などなど、
子供大好き用語が、日常会話のいたる場面で登場している。

これらは、必要なときに使う言葉としてすでに教えているが、
「わかりませんおならー」「おかわりうんこー」 などという
ふざけた用法を教えた覚えはない。

同世代との会話で、互いに連呼し合っているに違いないのだ。

これらの言葉を語るときの息子は、非常に生き生きしてるし、
嬉々として、瞳をキラキラさせとる。

彼にとって、これらの用語が詰まったトイレ=宝石箱であり、
彼にとっての“聖地”といえば、それはトイレのことである。

まあ、聖地、っていうのはある意味、正しかったりもするが、
なんか話がおかしくなるので突っ込んだ話はしないでおく。


いずれにしても。

僕は、ついにうちの子にもやって来たか、と思った。


男なら、いや人間なら、誰もが経験する“下ネタブーム”


おそらくは、エロ中心の第二次下ネタブームが到来する頃、
入れ替わるように今の下ネタブームを卒業するのだろうが、
ようやく、これで彼もガキんちょの仲間入りである。

我が子は、果てしない長い旅路を歩み始めたばかりである。




そんな折、僕は衝撃的なモノに出会ってしまった。


先日、家族で買い物に出かけたときのことである。

大型ブックストアの幼児向け図書コーナーに立ち寄ると、
息子が大好きな乗り物関連の本を一心不乱に読みはじめ、
その場から動かなくなってしまった。

時間を持て余してしまった僕は、子供に注意を払いつつ、
本棚に並ぶ背表紙を、ただただ、ぼんやりと眺めていた。

と、そのとき。

ある本のタイトルが、僕の目に飛び込んできたのである。















『う・ん・ち』















なんという、潔いタイトルなのだろう。

単刀直入すぎるタイトルに、僕は非常に興味を持った。

いま考えると、そんなタイトルに興味を引かれてるなんて
僕自身、まだ第一次下ネタブームを卒業できてないのでは、
などと思われそうでなんか嫌だが、でも、あのとき確かに、
『う・ん・ち』が、僕を呼んでいたのである。


『う・ん・ち』に呼ばれる、ってのもすごく嫌だけど。


ともかく、僕は恐る恐る『う・ん・ち』を取り出した。

すると。

そこには、信じられない内容が記されていたのだった。



(力みすぎて長くなったので、つづく)
スポンサーサイト


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > Essay > 卒業 (前編)

Search
Feeds
Others
あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。