Home > スポンサー広告 > TIM

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > スポンサー広告 > TIM

Home > Essay > TIM

TIM

TIM

電車の乗車マナーが問題になって久しい。

携帯電話・携帯ゲーム・iPod等の普及によって、乗客は皆、手の平サイズの物体をカチャカチャ操作している。

それ自体はマナー違反ではないが「車内で通話しない」「マナーモードにする」「優先席のそばでは電源を切る」「音を漏らさない」といった当たり前のことも守れない輩が結構いる。

思えば、これらは携帯機器が登場したから生まれた最近のマナーで実はそれ以前に、基本的な社会常識としての乗車マナーがあることを忘れてはいけない。


先日、僕は常識を逸脱した行為に度肝を抜かれてしまった。


仕事帰りに乗った電車は結構混んでいて、ぎゅうぎゅうではないが立っている客が多かった。にも関わらず、そんな中で座席をゆったり使って踏ん反り返っている男がいたのだ。

亀田兄弟の従兄みたいな風貌で、無理やり殺気のオーラを醸し出そうとしてる感がありありの、チン山ピラ夫だった。

電車に乗ってるくらいだから、その道ではせいぜいパシリ程度なのだろうが「俺に触れると怪我すっぞ」的な無意味な挑発を続けるピラ夫に対し、他の乗客は恐れをなすというよりむしろ天然記念物を見るようにちらちら眺めていた。

このチン山ピラ夫、マナーのマの字も知らないような最悪な男で、尻が座席から落ちるほど浅く座って足を投げ出すから前に人が立てず無駄な空間ができ、座席も2人分をひとりで占拠。ガムをくちゃくちゃ噛みながら携帯電話をいじり倒し、着信があるたびに大声で話す。両耳のイヤホンからは「シャカシャカ」を通り越して「ジャカジャカじゃんけん」レベルの音漏れ。あと体から異臭も発してて、なんかトイレの消臭ポット的な香水。もしくは尿漏れ。

とにかくもう、久しぶりに『本物の馬鹿』を見た僕は、同じ場所で同じ空気を吸ってることに嫌悪感を覚え、ちょっと殺意も抱いた。

そんな気分だったが、横目で見ていて、ふとあることに気づいた。

携帯電話に飽きたピラ夫は、両手をだらーんと斜めに広げている。そして豪快に足を四の字に組んで、どーんと前に突き出している。

待てよ。

この体勢は、どこからどうみても































じゃないか。

お笑いコンビ『TIM』の人文字ギャグそのものだったのである。

なんだか、途端にピラ夫のことが可愛く思えてきた。なにしろ本人は必死でイキってても、その姿が表現しているのは『命』なのだ。

いっそ、他の人文字も披露しておくれよ。
「T」「I」「M」って、やってくれよ。

そう思ったが、よく考えたらもう充分に、















「T(とっても)」

「I(いい)」

「M(迷惑)」
















なのだった。


乗り合わせた者は皆、本気でたいそう迷惑していた。「マナー守るってレベルじぇねぇぞ」的な雰囲気が充満していた。殺気立って、なんならヒットマンに抹殺依頼したかった。

そうなれば、ゴルゴの出番だ。もちろん本物だ。デューク東郷だ。
僕らは、東郷氏に依頼するのだ。










「奴の『命』を狙ってくれ」










まあ、そんな展開も悪くないが、実際にそんなことはあり得ない。

僕を含め、他の乗客は最低限のマナーも守れない馬鹿の相手をするほど暇ではないのだ。そんな時間があったらもっと自分のことに使いたい。

『時は金なり』である。



(了)


スポンサーサイト


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > Essay > TIM

Search
Feeds
Others
あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。