Home > スポンサー広告 > 鳴き声という名の嘆き

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > スポンサー広告 > 鳴き声という名の嘆き

Home > Essay > 鳴き声という名の嘆き

鳴き声という名の嘆き

鳴き声という名の嘆き

僕らは、往々にして動物の鳴き声を統一する傾向にある。

犬は「ワン」、猫は「ニャー」、豚は「ブー」、という具合だ。

これらはすべて擬声語(擬態語)と呼ばれる表現手段としてすでに確立しているもので、実際の鳴き声とはかけ離れていても誰にでも通用することになっている。

もちろん、言語や文化の違いによって表現方法は異なるので、たとえばアメリカでは犬の鳴き声は「バウワウ」と呼ばれることはご存知のとおりだが、それにしても一定の文化圏ごとに動物の鳴き声は統一されていることには違いない。

つまり、我々人間は生まれながらにして『実際の鳴き声』とは別に『共通認識としての鳴き声』を植えつけられ、物心つく頃にはそれが当然のこととして染み付いてしまっているのである。

だがその結果、大変なことになってしまった。





「犬だワン」










なんなんだ、これは。










おかしい。ちゃんちゃらおかしな話だが、これもまた日本人の共通認識の中にある犬の姿だ。

もちろん、犬に限ったことではなく「猫だニャー」もおかしいし、「豚だブー」も何かが決定的におかしいのだが、残念ながらこれらはすべて事実だ。日本人は人間以外の動物を擬人化するとき、つい『共通認識としての鳴き声』を語尾につける癖がついてしまった。

そして、これが鼠になると悲劇の度合いは更に増す。





「鼠でチュー」





先に挙げた動物と同じだと思うかもしれないが、よく見てほしい。





「鼠“でチュー”










そう、










駄洒落なのだ。










これまでは「犬だ」に「ワン」、「猫だ」に「ニャー」とただ単に擬音語を付けただけだったのに、鼠の場合はわざわざ「鼠だ」ではなく「鼠です」を採用し、そこに鳴き声を引っ掛けるという愚行。

それでも鼠も鳴き声に引っ掛けてあるぶんだけ、まだましだ。

本当に可哀想なのは、この動物である。




















「象だゾウ」




















もはや、鳴き声ですらないのだ。

どう考えても駄洒落オンリーだ。

きっと、このフレーズを考案した者は象の気持ちなんてお構いなしだったのだろう。象がこれまでどんな想いで鼻を伸ばしてきたか、どんな想いで耳を大きくしてきたか、どんな想いで必死に今日まで生き延びてきたか、そんなことは考えもしなかったのだろう。

思いついた奴は、下衆でゲス。



(了)


スポンサーサイト


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > Essay > 鳴き声という名の嘆き

Search
Feeds
Others
あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。