Home > スポンサー広告 > ジャニーズ・リターンズ

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > スポンサー広告 > ジャニーズ・リターンズ

Home > Essay > ジャニーズ・リターンズ

ジャニーズ・リターンズ

ジャニーズ・リターンズ

今も昔も書いている文章の大半は恥ずかしいものばかりだが、昨秋の暴走気味にブログを更新していた頃に書いたものは特に酷かったので、まとめて消去してしまっていた。

だが、今回記事にしようと思った内容が、当時書いた記事にリンクする内容なので、ここであえて再録し、その上で文章を付け足したいと思う。



+++



『老いとジャニーズ』



最近、確実に「老い」を感じるひとつの事例として「ジャニーズのメンバーを覚えられなくなっとる」ということがあります。

「たのきん」以来、顔と名前は、ほぼ完璧だったですよ。地方の田舎に住んでる子供なりに芸能通だったと思うし。そんな僕が、最近からっきしなんです。ようわからんです。

告白しますと、僕の中での最後のジャニーズは『嵐』です。それ以降のグループは顔と名前がぜんぜん一致しないです。一致しないどころか、正確な人数さえもよく解ってません。うちわやブロマイドの存在意義はハナから解りませんけど。

要するに、若い世代の常識が少しずつ欠落してるってことは、ジェネレーションギャップを生んでってるわけで。それがひいては「老い」に繋がってるっていう、哀愁デイズ。


まあ、それでも、さすがにね。そんな僕も知ってましたよ。

『KAT-TUN』の赤西くん。

休業して留学するとかで、このところ話題になってますけども僕が気になるのは残された5人の活動名です。

『KAT-TUN』て、メンバーの頭文字を並べたものがグループ名じゃないですか。(そういうとこは押さえてる)

念のために、書き出しますと。

・亀梨和也(Kamenashi)
・赤西仁(Akanishi)
・田口淳之介(Taguchi)
・田中聖(Tanaka)
・上田竜也(Ueda)
・中丸雄一(Nakamaru)

このうちの「A」が、しばらくの間はいなくなるですよ。

そもそも『KAT-TUN』で「カトゥーン」と読ませる、ってのも考えてみりゃ、かなり無茶だと思うんだけど。

この先いったい『KT-TUN』をどう読めばいいんですかと。もとから無茶読みだったのに、よりによって「A」。貴重な母音の「A」が無くなったらもうお手上げ。そして、僕は途方に暮れるしかないわけです。

なのでね、考えました。彼等のために。
旧『KAT-TUN』の未来のために。

そしたら、いい名前が見つかりました。

『KAT-TUN』の、赤西くん不在の間のグループ名。















『NTT-UK』

(日本電信電話株式会社 イギリス支店)















結局、赤西くん以外のメンバーも海外勤務になりましたね。



(2006/10/15の記事)



+++



いやはや、軽薄な文体が恥ずかしさを増長させるが、それ以上に時の流れの早さを感じずにはいられない。なにしろ、いまでは彼の話題をする者は誰ひとりいないのだ。赤西くん、元気ですか?


で、最近思うのが『Kinki Kids』の凄さだ。

二人ともいい歳して「キッズ」のままだとかそういう話ではない。そんなことを言うと『少年隊』はどうなんだという話だし、もっと言うと『シティボーイズ』だって黙っちゃいない。

僕が凄いと思ったのは『Kinki Kids』の片割れのもう一つの名前についてである。


『ENDLICHERI☆ENDLICHERI』


この堂本剛のソロ活動名義、最近また露出が増えているようでよく聞くが、呼ぶのも読むのも耳にするのも、ほんとうに面倒くさい。エンドリケリー・エンドリケリーて。

思うに、テレビ業界の人々もうんざりしているのではないか。

これまではスタジオなんかでも「剛さん、入られまーす」と言えば済んだのに、ソロ活動のときに限っていちいち「エンドリケリー・エンドリケリーさん、入られまーす」と舌を噛みそうな名前で呼ばなくてはならないのである。

たぶん、本人以外の誰もが思っているはずだ。

「その名前で呼ぶの、正直しんどい」と。



(了)


スポンサーサイト


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > Essay > ジャニーズ・リターンズ

Search
Feeds
Others
あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。