Home > スポンサー広告 > 変換する変態

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > スポンサー広告 > 変換する変態

Home > Essay > 変換する変態

変換する変態

変換する変態

いきなりだが、ミルフィーユが好きだ。

ミルフィーユとは言うまでもなく「パイ皮を重ねて、その間にクリームなどを挟んだ菓子」のことだが、僕はあのサクサクの食感がたまらなく好きなのである。

唯一の難点といえば、食べるときに決まってテーブルを汚れ散らかしてしまうことだが、それはご愛嬌。肉を切らせて骨を絶つというか、虎穴に入らずんば虎子を得ずというか、まあそんなとこだろう。どっちも全然違うが、要するに細かいことは気にするなということだ。


このミルフィーユ、発祥はフランスで正式名称は『mille-feuille』と書く。フランス語で「ミル(mille)千の」「フィーユ(feuille)葉っぱ」というらしい。

なんだか洒落ているじゃないか。さすが、おフランスといった感じだ。

ウィキペディアを見ると『近年日本ではこの菓子の名称が「ミルフィーユ」として広まり定着している感もあるが、これはフランス語では「千人の娘」を意味する発音となる。「ミルフイユ」の方が本来の「千枚の葉」を意味する発音に近い』といった豆知識も得られるのだが、それよりも僕が注目したいのは、この菓子は結局のところ、日本語に訳すと










千葉










だということである。





ださ。





まあ、この話自体がかなり知られているので「いまさらかよ」と感じる方も多いだろうし「ださいのは今頃ネタにするお前の方だ」と言われるかもしれないが、いかんせん僕はこういう言葉遊びが大好きなのだ。

「石橋さんが創った会社なので『ブリヂストン(Bridge Stone)』」や「カルピスは英語で『Cow piss(牛の尿)』と聞こえるから英語圏では『CALPICO(カルピコ)』という名称で販売されている」とかいうエピソードなんてもうマニア垂涎。耳にするだけでご飯三杯はいける。

とにかく日本語を無理やりでも外国語変換すれば面白い結果になることが多いので、自分でも知らないうちに変換して遊んでいることがある。僕の脳内には強制変換機能が内臓されているんじゃないかと思う。


昨日も、気づくと一日中こんなことに没頭していた。



『都道府県名を英語変換』



夏の参院選まで続く統一地方選の第一弾が行われるということで何気なく目にしていた都道府県名をひとつふたつ変換していくうちに、いつしか日本全国を制覇しないと気が済まなくなってしまったのだった。

せっかくなので、今回はその成果を発表したい。

間違った変換や表記をしている可能性もあるが、あくまでも洒落として楽しんでいただければ幸いである。



+++



〔都道府県→English ver.〕



北海道 → North Sea Road

青森  → Blue Forest

岩手  → Rock Hand

秋田  → Autumn Rice Field

山形  → Mountain Shape

宮城  → Palace Castle

福島  → Good Luck Island

茨城  → Thorn Castle

栃木  → Horse Chestnut Tree

群馬  → Crowd Horse

埼玉  → Tip Ball

千葉  → Thousand Leaf

東京  → East Capital

神奈川 → God Apple River

新潟  → New Lagoon

富山  → Rich Mountain

石川  → Stone River

福井  → Good Luck Well

山梨  → Mountain Pear

長野  → Long Field

岐阜  → Divergence Hill

静岡  → Silent Hill

愛知  → Love Wisdom

三重  → Triple

滋賀  → Overgrown With Celebration

京都  → Capital Capital

大阪  → Big Slope

兵庫  → Soldier Storehouse

奈良  → Apple Good

和歌山 → Total Song Mountain

鳥取  → Bird Get

島根  → Island Root

岡山  → Hill Mountain

広島  → Large Island

山口  → Mountain Mouth

徳島  → Virtuous Island

香川  → Fragrance River

愛媛  → Love Princess

高知  → High Wisdom

福岡  → Good Luck Hill

佐賀  → Support Celebration

長崎  → Long Cape

熊本  → Bear Book

大分  → Big Mimute

宮崎  → Palace Cape

鹿児島 → Deer Child Island

沖縄  → Offing Rope



+++



個人的には、オタク向けアニメのタイトルっぽい愛媛、響きが無意味にクールな静岡、究極にシンプルな三重、といったあたりが気に入っているが、そんな馬鹿なことをしている間にも注目の都知事選は現職のストーンフィールド氏が当選を果たした。

三期目となるストーンフィールド氏が数々のプロブレムをどう解決していくのか、さらにはチープダブル総理率いる自民党が夏の参院選をどうファイトするのか、今後もアテンションが必要だ。










って、俺は長嶋か。










ちなみに、変換作業も終盤になるとさすがに辛くなったのでインターネットで検索してみると、なんと既に2ちゃんねるで『都道府県名を英語にしたらかっこよくね?』という名のスレッドが立っていたのだった。

もう2年も前の2005年に・・・。

ていうか、ほとんど被ってた・・・。

時間かけて辞書で調べたのに・・・。


誰か僕の大事な休日を返してほしい。



(了)


スポンサーサイト


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > Essay > 変換する変態

Search
Feeds
Others
あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。