Home > スポンサー広告 > うどん屋の張り紙

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > スポンサー広告 > うどん屋の張り紙

Home > Essay > うどん屋の張り紙

うどん屋の張り紙

うどん屋の張り紙

先月から通いはじめたスポーツクラブへの道すがらに、一軒のうどん屋があるのだった。

とはいっても、スポーツクラブへはゴールデンウィーク明けに一度行ったきりで、うどん屋もそのとき店の前を通り過ぎただけだ。

うどんを食べたこともなければ店内の様子も何ひとつ知らない。ついでに言うと店名すら覚えていない。

記憶に残っていることといえば「そこにうどん屋がある」という事実と、入口に『準備中』の札ととも一枚の張り紙があったことくらい。

だが、僕はこのうどん屋に対して非常に好感を抱いている。

なぜなら、張り紙に書かれていた文章が印象的だったからだ。






「大変申し訳ありませんが

 6月2日は祖父の卒寿祝いのため、

 午後3時までの営業とさせていただきます」


 店主








なんだろう、この心温まる感じは。

通常、こういった自営店舗がプライベートな理由で臨時休業するとき、大抵は「都合により」「私用のため」と言葉を濁すことが多い。

だが、この店の店主はそうしなかった。

休業理由を「祖父の卒寿祝いのため」とはっきり明示しているのだ。

これは言い換えれば「祖父の卒寿祝い」を「店舗営業」に優先させる、ということにほかならない。


「 仕事 < 家族 」の意思表示。


家族より仕事を優先する人が多いことを揶揄されがちなニッポン社会において、こういった堂々とした態度は清々しくさえ思える。

その一方で、家族の記念日であっても丸一日休むという選択はせず、あくまでも「午後3時までは営業する」という驚くべき判断を下している。

家族の皆が“お祝い”で浮き足立っているであろう当日も、店主は顧客を大切にする精神を忘れることなく、スケジュール的なギリギリのラインをすり合わせた結果として「午後3時まで」はいつもどおり店を開けてる心意気なのだ。


家族想い。だけど、仕事も熱心。


僕は、一枚の張り紙から非常に多くを学んだ気がする。


くしくも、今日(6月2日)は、卒寿祝いの当日である。

このうどん屋さん一家にとって良き日になりますように、と願わずにはいられない。


そうだ。

こんどスポーツクラブへ行った際には、このうどん屋へ立ち寄ろう。

そして、この張り紙の話をしよう。

思わず心が温まったことへの礼を言いながら、うどんで体を温めるのもオツな話じゃないか。

通りすがりの分際で出すぎた真似かもしれないが、僕からもお祖父さんの卒寿をお祝いさせてもらおう。

「これからも寿命を延ばしてください」なんて生意気を言いながら。

「麺は延ばさないでください」なんてくだらない冗談も言いながら。


ただ。

ひとつ残念なのは、『ナイト会員』の僕がスポーツクラブへ行く時間帯には、既にうどん屋は営業終了しているということである。



(了)


スポンサーサイト


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > Essay > うどん屋の張り紙

Search
Feeds
Others
あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。