Home > スポンサー広告 > 息子の宿命

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > スポンサー広告 > 息子の宿命

Home > Essay > 息子の宿命

息子の宿命

息子の宿命

息子が、なんだか大変なことになってきた。

最近すっかりテレビを見なくなってしまった僕も、
お笑い芸人のネタ番組だけは比較的よく見ている。

そのとき、息子も一緒に視聴するが、彼は見るたびに
ネタをすぐ真似しようとするのである。

特にピン芸人のネタはインパクトフレーズ系が大半なので、
4歳児の子供でも比較的簡単に真似することができる。

もはや息子のピン芸人ネタの完コピ率は、ほぼ百パーだ。

もちろん、話題の小島よしおも未成熟だがチェック済み。

【驚愕の息子動画】※携帯からは視聴不可



どうにか「お調子者」の範囲内で収まってくれればいいが、
映像の息子は元気を通り越して、狂気じみた気配すら感じる。
ネタフリ部分なんて、聞き取れないけどオリジナルっぽいし。

「まさか、自分も芸人を目指しはじめてるんじゃないか」

そう思っていたら。

なんと、息子は、小島よしおと同じ誕生日なのだった。

・ウチダ息子(ウチダ家長男、2002年11月16日生まれ
・小島よしお(お笑い芸人、1980年11月16日生まれ

親としては、正直、動揺を隠せないでいる。

本当は誕生日が同じだからって騒ぐ必要もないだろうが、
「同じ星の下に生まれた運命」であることには違いなく、
僕の心には、ありとあらゆる疑心暗鬼が生じるのだった。

「いつもスイミングスクールで活き活きとしてるのは、
泳げるからじゃなく、海パン一丁になれるからじゃないか」

とか、

「最近、なにかにつけて反抗的な態度をとってるのは、
『そんなの関係ねぇ!』という意思表示なんじゃないか」

とか、

「よく電車の玩具で『ガタンゴトン』と言って遊んでるが、
いつか『チントンシャンテントン』に替わるんじゃないか」

とか。

皆さんは馬鹿な親だとお思いかもしれないが、僕は真剣だ。

なにしろ、その宿命は、日常の中にも潜んでいるのだから。










お出かけしてパチリ
















オーシャン・パシフィック・ピース

見事に「オッパッピー」しとるがな。



(了)
スポンサーサイト


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > Essay > 息子の宿命

Search
Feeds
Others
あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。