Home > スポンサー広告 > 一寸

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > スポンサー広告 > 一寸

Home > Note > 一寸

一寸

一寸

普通に生活していて、急に「ビビビッ」と閃くことがある。
ただ単にアイデアが思い浮かぶといった感じではなく、
言葉が空から降ってくるというか、舞い降りるというか、
とにかく、そんな不思議な感覚。

実は今日もまた、そんな体験をした。
仕事中ぼんやりしてたら、ある言葉が降りてきたのだ。



『一寸帽子』



そして次の瞬間、こんなことまで思いついてしまった。










「短小向け避妊具の商品名で『一寸帽子』って、どうよ?」










昔話の『一寸法師』をもじっているのは言うまでもなく、
「一寸(いっすん)」は「一寸(ちょっと)」とも読むので
“少しの間、被る帽子”の意味としても綺麗に納まる。

言い得て妙とは、まさにこのことじゃないか。

さらには、この「帽子」は「防止」と同じ発音だから、
コンドームの本来的な役割を伝えることにも繋がる。
もっと言うと、「ぼう」の響きは「棒」を連想させるし、
「一寸」を使用する有名なことわざ「一寸先は闇」は
コンドーム・シーンを語る上では欠かせない教訓だ。

そう考えると『一寸帽子』は急に奥深い言葉に思え、
なんなら、いっそ『コンドーム(和名:一寸帽子)』と
男性避妊具の総称にしちゃってもいいとさえ思う。



いずれにせよ。
僕の頭は一寸どころか相当まずいことになっている。


スポンサーサイト


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > Note > 一寸

Search
Feeds
Others
あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。