Home > スポンサー広告 > 伝わらない雑感

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > スポンサー広告 > 伝わらない雑感

Home > Note > 伝わらない雑感

伝わらない雑感

伝わらない雑感

海外にいながら本ブログを読んでくださってる方から、昨日の記事について「ウチダ、なんかやらかしたの?」みたいな心配?メールをいただいた。たしかに外国で暮らしている人や、日本で暮らしてても芸能ニュースに興味ない人には、何のことやらさっぱり解らなかっただろう。

それなのに、件の謝罪文をフォントや改行位置まで同じにしたり、わざわざ署名を「ウチダシンスケ」ではなく「内田シンスケ」と書くことで「沢尻エリカ」っぽさを醸し出してみたり(比較参照:コチラコチラ)。非常に伝わりにくい小細工を施して一人で悦に入っていた僕は何様だ。エリカ様に問うてみたい。

いずれにしても、今回のように「記事の肝が伝わらない」という状況は、やむを得ないケースが多いにせよ、やはり少し残念だ。もちろん、残念がる暇があったら万人に解るように親切な文章を書けという話で、書き手の力量が不足しているのは重々承知している。

でもでもでもでも。
かと言って何もかも親切に説明してしまったら、それはそれで野暮ってもんだろう?とも思うのだ。

見合いの席で「後は若い二人に任せて」って決め台詞のひとつも吐けない仲介人くらい野暮だし、「鳴かなかったら殺しちゃうけど、いい?」ってホトトギスにいちいち聞く織田くらい野暮。信長の野暮。

なので、なるべく野暮にならずに上手く説明する文章を心がけるも、なんとなく真意を匂わせる表現をしたり、さりげなくリンクで道しるべを示したりと、またしても小細工を施す羽目になる。もはや小細工のための小細工で、それはもう小細工ではない。不細工だ。

このブサイク極まりない「親切」と「野暮」の攻防は、往々にして哀しい結末を迎える。ある日、先日書いた記事に関して送られてきたメールがまさにそうだった。

「最後の一文、『林家ペー・パー』となっていますが、彼女は『パー子』ですよ!脱字だと思いますけれども、念のため。お間違えなく!!」

親切心に溢れるメールだ。ありがたい。言ってることも正しい。でも、できれば、その辺はなんとなく汲んでほしいのである。

「あれは脱字じゃなくてわざとですよ。『ペー・パー(紙)』をかけてるんですよ。てへっ」

とわざわざ説明の返信メールを送るのは、あまりにも哀しすぎる。さらに、少し前にはこんなメールをいただいたりもした。

「すでに気づいてたら申し訳ないですが、こないだの記事の『お菓子が好き好きスガシカオ』って、回文ですよ!」

これも親切心の塊のようなメールだ。さぞかし送り主の瞳はキラキラしているのだろうと想像する。こんなピュアなメールに対して、

「もちろん知ってます。ていうか、むしろそうじゃないと記事が成立しませんよ。うほっ」

などと誰が返信できようか。夜空のムコウには明日を待たせておかないと可哀想だ。

といったわけで、これらの「親切」極まりないメールは、大変申し訳ないのだが僕の中では「野暮」に分類されてしまう。ついでに「このブログ、本当に楽しんでもらえてんのか?」と余計な心配までしてしまう。さらに、こういうメールを送ってくれる方に限って「ファンです」と嬉しいお言葉が添えられてたりする。僕は、不安です。

結局のところ、僕は自分と似たような思考や笑いのツボを持っている人が、そういった細かい部分に気づいてくれればいいと思う。気づいてくれれば儲けもん、くらいに構えようと思う。「親切」も「野暮」も中途半端に放棄したまま、ほんの一握りの奇特な仲間に向けて、握りっ屁の如き駄文を書き連ねていきたいと思っている。

「いったん握ったからには、それなりに臭くあれ!」

といった心境なのである。


スポンサーサイト


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > Note > 伝わらない雑感

Search
Feeds
Others
あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。