Home > スポンサー広告 > コーヒー

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > スポンサー広告 > コーヒー

Home > Essay > コーヒー

コーヒー

コーヒー

昨日、スタバで注文の列に並んでいると、すぐ前にいた辛気臭いおっさんが注文しながらやけにオドオドしている感じだったので「この人、もしかしてスタバデビューなのかしらん!?」と興味深くその様子を見守っていたらば、ちょうど店員に「サイズはいかがなさいますか?」と聞かれているところだったらしく、「さあ、おっさん、ここは正念場だぞ」と背中越しにささやかなエールを送る勢いで手に汗握りながらファイナルアンサーを待っていると、おっさんが半ば開き直ったように堂々と言い放った。










「ジャイアント」










惜しい!
それも確かに「G」だけど、正解は「グランデ」でした!!

とはいえ、僕も初めて「グランデ」をオーダーしたときは、グランドとゲレンデを合体させたような名前だけに、とんでもなくデカいサイズのコーヒーが出てくるんじゃないかと期待と不安が入り混じったものだ。

ちなみに「S(ショート)」「T(トール)」「G(グランデ)」で終わりかと思いきや、さらに大きいサイズで「V(ベンティ)」ってのもあるらしいが、いきなり「ベンティ」とか言われても、なんだかうんこの付いたパンティみたいで、ちょっとどうかと思ってしまう。

ていうか、普通に「S」「M」「L」「LL」じゃ駄目なのか。


スポンサーサイト


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > Essay > コーヒー

Search
Feeds
Others
あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。