Home > スポンサー広告 > アンパンマンについて、しつこく。

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > スポンサー広告 > アンパンマンについて、しつこく。

Home > Essay > アンパンマンについて、しつこく。

アンパンマンについて、しつこく。

アンパンマンについて、しつこく。

またしてもアンパンマンである。
今回は気になるというか、ほぅ、と思ったこと。

それは、ジャムおじさんについて。

番組を見ているうちに、
ジャムおじさんの声、どっかで聞いたことあるなー
と思っていたのだが、エンディング間際になって気がついたのだった。







マスオさん、じゃないか!





まあ、ビックリマークをつけるほどのことではないのだが、
とにかく僕は、サザエさんの夫であると確信したのである。

で、
前回ご紹介した奇妙奇天烈なエンディング曲を聴きつつ、
ジャムおじさんの声優を確認してみた。



アンパンマン 戸田恵子


を筆頭に、画面下に次々と流れるスーパー。


もちろん、このとき僕は、声優の名前を確認したからといって、
それがマスオの声のヒトかどうかなんてわからない。

あとでネットででも調べようと思って、見ていたのだ。

だが、その文字をみたとき、
その必要がないことを、思い知らされたのである。












ジャムおじさん 増岡弘










え?













“マスオ”か










一目瞭然とは、このことである。


念のため、検索してみたが、やはりマスオさんだった。



これほどの一致は、古い話で恐縮だが、

仲村トオルが、映画「ビー・バップ・ハイスクール」の
仲間トオル役でデビューしたとき、

もしくは、

江口洋介が、同じく映画「湘南爆走族」の
江口洋助役を射止めたとき、

以来ではなかろうか。



いずれにしても、彼にとって、
マスオ役は天職に違いない。
スポンサーサイト


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > Essay > アンパンマンについて、しつこく。

Search
Feeds
Others
あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。