Home > スポンサー広告 > 誰ならば座席を譲るべきか論

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > スポンサー広告 > 誰ならば座席を譲るべきか論

Home > Note > 誰ならば座席を譲るべきか論

誰ならば座席を譲るべきか論

誰ならば座席を譲るべきか論

前の前の人

小泉純一郎
(こいずみじゅんいちろう、1942年1月8日-)

年齢:65
風貌:白髪だがロマンスグレーな印象
想定:取締役クラス
結論:「まだまだ若い。譲る必要はないだろう」










前の人

安倍晋三
(あべしんぞう、1954年9月21日-)

年齢:53
風貌:肌にツヤがありフレッシュな印象
想定:部長クラス
結論:「すこぶる若い。譲る必要など全くなし」










今の人

福田康夫
(ふくだやすお、1936年7月16日-)

年齢:71
風貌:シミとシワが目立っている印象
想定:会長クラス
結論:「見るからに老人。すぐにでも譲るべき」










そう考えると、老体に鞭打ち日本の先頭に立つ現職の姿に感服する。
と同時に、こんなシルバーな人がトップで大丈夫かと不安にもなる。



注)
もちろん前の二人の方が良かったとか、そんな馬鹿げた話ではなく。
我が国の首相は電車内で“労わりの対象”になるんだと思っただけ。


スポンサーサイト


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > Note > 誰ならば座席を譲るべきか論

Search
Feeds
Others
あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。