Home > スポンサー広告 > 灰皿

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > スポンサー広告 > 灰皿

Home > Note > 灰皿

灰皿

灰皿

安っぽいカフェに行くと、喫煙したい者は灰皿を自分でピックアップして自席まで持って行くセルフサービス式であるケースが多い。

で、そういう店の灰皿ってのは、しばしば少量の水が溜まったまんまになってたりする。

おそらく、客の回転が早いものだから店側としても灰皿をしょっちゅう洗う羽目になって、そのときにうっかり拭き残してしまうのだろう。

そんな濡れそぼった灰皿を無意識のうちに使っていると、拭き残された水滴のついている箇所に思いがけず煙草を「ジュッ」とやってしまって、せっかくのリラックスタイムが台無しになってしまう。

先っぽが焦げただけの、ほぼ全形を留めたままの煙草を茫然と眺める。

火をつけて間もなかったのに。
ほんのひと吸いしかしてなかったのに。

いや、店員の言い分もわからんでもない。

忙しくて細かいところまでなかなか気が回らないんだろう。
ついついスピードを優先して煩雑になってしまったんだろう。

しかしながら、僕は思う。





「禁煙中だから、もっとこういう店が増えていい」と。





なんならデフォルトでびっちょびちょにしてていいよ。

せっかく吸いたい気分が衰退してきてるとこなのに、あんまり近くで気持ち良さそうに吸ってるのを見ると、やっぱりまた吸いたくなっちゃうし。

って、こんなこと書いてたら愛煙家に煙たがられるかな?

ほんと、すいません。


スポンサーサイト


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > Note > 灰皿

Search
Feeds
Others
あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。