Home > スポンサー広告 > スキ!

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Comments:-

ハラミ URL 2008-05-21 (水) 11:47

こちらこそ、ほっこりさせていただきました。
ありがとうございます。
青い春だなあ。

いそ汁 URL 2008-05-21 (水) 11:26

心があったまりました。

僕、まだ大丈夫なんだという感じで。
ありがとうございます。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://humania.blog9.fc2.com/tb.php/372-59cdeb02
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from そう、妄想も嘘。

Home > スポンサー広告 > スキ!

Home > Essay > スキ!

スキ!

スキ!

いきなり他人のブログについてあれこれ書くのはどうかと思うのだけれど、ていうかその前に自分自身に対して「いい歳してブログやってる俺ってどうなのよ?」的なモヤモヤが相変わらずあったりもするが、まあそれは置いといて。

とにもかくにも年甲斐もなくブログなんぞをだらだらと続けていれば、当然ながら余所のブログを見る機会も年甲斐もなく多かりし人生にならざるを得なくなるわけで、今日も今日とてブログ巡りに勤しんでいた僕は『YOMETSUNAMI』のこの記事を読んだとき、それはそれは心がほっこりした。

これぞ愛、これぞラヴ、である。

「これだからブログってやつはよお!」といたく感動させられたと同時に、記事の『スキ!』というタイトルを見たとき、ふと中学生時代の他愛もないエピソードを思い出したのだった。そりゃもう唐突に。

そのエピソードというのは本当に他愛もない話なのだが、ていうか本ブログはそもそも他愛のない話で溢れているわけだし、そう考えると結局いつもどおりってことになるのか。まあ、気分としては「たまにはこういう話を書くのもアリかな」みたいなノリで書いてみようか、ってことで今回はそれを。どれだ。


===


国語の時間、居眠りしてたら先生に当てられた。

先「ウチダ!お前、いま寝てたろ」
ウ「いえ、寝てないです」

先「ほんとか!?」
ウ「ほんとです」

先「じゃあ今やってたとこ、お前もう一度読んでみろ」
ウ「(ゲッ)」

もちろん爆睡してたのでそんなこと言われても全然わからない。
山勘で読んでみるか、それとも正直に謝るか。
決断を躊躇しながらゆっくり席を立とうとしていたら。
隣の女子が僕に目配せしてるのに気づいた。
僕が密かに恋心を抱いていたMだった。
見ればMは教科書を指差して読むべき箇所を教えてくれている。
ヴィ、ヴィーナス!
僕は軽く咳払いし、さも知っていたかのようにすらすら読みはじめた。

ウ「『弥生時代の人々は田畑を耕すのに木で作った鍬(くわ)を使い…』」

ここで思いがけないことが起こった。

M「(小声)ウチダくん、ウチダくん」
ウ「?」

女「(小声)好きよ」
ウ「!?」

いきなりMが僕に告白してきたのである。
授業中に、しかも先生に嫌疑をかけられている危機的な状況下で。
そんな場面でいきなり愛の告白、ましてや相手はマイ・サンシャイン。
眠気が覚めるどころか、むしろこれは夢なんじゃないかと思った。

先「どうした?」
ウ「あ、いえ、なんでもないです」

先「ちゃんと読め。じゃあ、もう一回アタマから」
ウ「は、はい。えーと…『弥生時代の人々は田畑を耕すために…』」

M「(小声)ウチダくん、好き。好きだからね」

えええええええ!?
ちょ、だから何この展開!?なんてアニメ!?なんてエロゲー!?
僕は狼狽しまくって本読みなんてまともにできなくなっていた。

ウ「『…木で…作った…鍬(くわ)を…』」
M「(小声)あー、んもう。だ・か・ら、好きなんだって。好き!」

ついに僕も意を決してMのほうを向き、そして彼女に告げた。

ウ「お、俺も」
M「……」

そこへ先生が割って入った。

先「もういい、座れ。あと最後の、鍬(くわ)じゃなくて鋤(すき)だぞ」

がーん。

以来、僕は「鋤」と「鍬」の読み書きが無駄に完璧だ。



(了)


スポンサーサイト


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Comments:2

ハラミ URL 2008-05-21 (水) 11:47

こちらこそ、ほっこりさせていただきました。
ありがとうございます。
青い春だなあ。

いそ汁 URL 2008-05-21 (水) 11:26

心があったまりました。

僕、まだ大丈夫なんだという感じで。
ありがとうございます。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://humania.blog9.fc2.com/tb.php/372-59cdeb02
Listed below are links to weblogs that reference
スキ! from そう、妄想も嘘。

Home > Essay > スキ!

Search
Feeds
Others
あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。