Home > スポンサー広告 > フィギュア

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://humania.blog9.fc2.com/tb.php/413-8342cebd
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from そう、妄想も嘘。

Home > スポンサー広告 > フィギュア

Home > Note > フィギュア

フィギュア

フィギュア

なにはともあれ週末の東京ビックサイトのエスカレーター事故である。

僕は現場に居合わせたわけでもなくインターネットでニュース記事をかいつまんで読んだ程度なので詳細まではわからないが「フィギュアのイベント」というだけでなんとなく事故当時の画が容易に想像つくのはどうしてだろう。

そしてこの事故に関して書かれた各記事の行間には、なんとも言えない悲しさというか、儚さというか、虚しさというか、憐れさというか、馬鹿馬鹿しさというか、自業自得さというか、むさ苦しさというか、関わりたくなさというか、気持ちの悪さというか、汗かきデブっぽさというか、もやしっ子っぽさというか、コスプレっぽさというか、引きこもりっぽさというか、特異な生活習慣が招いた足腰の弱さというか、リュックのパンパンさというか、童貞率の高さというか、そういった諸々が内包されているように思った。

ま、偏見だけど。

あえてこの事故を無理やりにでもフォローするならば、なんだか芥川の「蜘蛛の糸」みたいだなあ、と。芥川もまさか自分の書いた話がフィギュアとエスカレーターの組み合わせで実現するとは夢にも思わなかっただろう。龍ちゃん、ビックリ。聞いてないよー、である。

ま、フォローになってないけど。

いずれにしろ、この事故に関する記事はどれも含み笑いを堪えてるようにしか見えない中、異彩を放つ記事を発見。


『まさかのエスカレーター事故に会場騒然――「ワンダーフェスティバル 2008[夏]」』
(+D Games)



媒体の特性上、イベントレポート記事の体裁をとってるからなんだろうけど、一般紙が「フィギュアのイベント」で済ませているところを、この記事では「日本最大の造形の祭典」と書いている。

造形の祭典て。


スポンサーサイト


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://humania.blog9.fc2.com/tb.php/413-8342cebd
Listed below are links to weblogs that reference
フィギュア from そう、妄想も嘘。

Home > Note > フィギュア

Search
Feeds
Others
あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。