Home > スポンサー広告 > 望郷のクリスマス

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Comments:-

URL 2008-12-28 (日) 01:01

トロロン プルンプルン フワフワさワロタwww

URL 2008-12-27 (土) 15:54

私も愛媛県民です。
一六のクリスマスCMは幼少の頃から慣れ親しんでますね~。懐かしいです。

あのCMは、お父さんに仕事帰りにケーキとプレゼント(=おみやげ)を忘れず買ってこいというクリスマス商戦だと思ってたんですが、まさか曲名が『踊れサンタクロース』だったとは…
踊る要素が全く盛り込まれてないですね(;´д`)

URL 2008-12-27 (土) 14:06

にはちソバ、一六タルト…ホント実家に帰ったら懐かしいCMが耳につきます。ひめラ~イス♪ とか。

ハラミ URL 2008-12-26 (金) 10:40

トロロン プルンプルン フワフワさ。

あとねあとね「ラクラクラックツリーラック」と
「信州信濃の新蕎麦よりも わたしゃあなたのそばが良い」

頭から離れんです。

まり URL 2008-12-24 (水) 23:43

久コメです(つω`)

パパと~そうでしょね
が省略された短いバージョンのが多いですよね(`・ω・´)

ちなみに今日、一六のチーズケーキ食べました。チーズケーキは結構おいしいですよヾ(゜∀。)ノ

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://humania.blog9.fc2.com/tb.php/460-0ffb78fe
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from そう、妄想も嘘。

Home > スポンサー広告 > 望郷のクリスマス

Home > Essay > 望郷のクリスマス

望郷のクリスマス

望郷のクリスマス

僕にとって、子供の頃のクリスマスの思い出といえば「一六(いちろく)本舗のCMソング」である。




(実際のCM映像が見つからなかったので代用)



愛媛県民ならピンと来るはずだが、逆に言うと愛媛県民以外には何にも伝わらないと思う。なぜならこれは愛媛県民の愛媛県民による愛媛県民のためのCMだからだ。

クリスマスシーズンになると、この“一六本舗のクリスマスケーキ販売予約の告知CM”が民放テレビのローカル枠でうざいほど繰り返し流れていた。それも毎年毎年、凝りもせず同じ歌である。愛媛を離れて15年以上が経ったいまもなお鮮明に覚えている。牧歌的なメロディーとよくわからない歌詞が脳裏にこびりついて離れない。先日も、あるとき知らず知らずのうちに口ずさんでいてびっくりした。

なんとなく気になってインターネッツで調べてみたら、あのCMソングには『踊れサンタクロース』というタイトルがついていたことを知った。驚いた。まさかそんな傍若無人なタイトルだったなんて。この時期、サンタさんに対して「踊れ」と命令口調なのはいかがなものか。皆がプレゼント配達を丁重にお願いして高揚感と期待感でいっぱいのなか、堂々と上から目線で「踊れ」とな。よくもまあ横柄な。置かれている立場をわきまえよ、と言いたい。

でも、そんなことはいい。それより重要なのは歌詞だ。僕にとってこの歌が思い出深い本当の理由は、歌詞の中身に隠されているのである。




『踊れサンタクロース』

おみやげわすれないでちょうだいね
パパと指きり したんだもの
きっと大きな紙包み 今年もやっぱりそうでしょね
トロロン プルンプルン フワフワさ
今年も一六のクリスマスケーキ




以上が全歌詞なのだが、歌詞の出だしにして最大の謎が「おみやげ」である。


「おみやげ」ってなに?


この歌い手は聖ニコラウスからの贈り物を「プレゼント」と呼ばず「おみやげ」と呼んでいるのである。僕にはこれが、子供心にどうにも理解しがたかった。ていうか、僕は「おみやげ」だとすら思っていなかった。















ずっと「もみあげ」だと思ってた。















僕はあの歌を聞くたびに「へえ、あのもみあげは“付け髭”なんだあ」と思っていた。と同時に「歌ってる子の家には、かつてサンタさんがもみあげをつけ忘れたまま訪問したことがあるんだ。それで彼女は素顔のサンタさんを見てひどくがっかりした。だから歌の冒頭でいきなり『(今年は)もみあげ忘れないでちょうだいね』と念押しするかのようにお願いしてるんだ。絶対そうだ。だってその証拠に、本来なら最も気になるはずの贈り物については『きっと大きな紙包み 今年もやっぱりそうでしょね』って、そりゃあ当然くれるんでしょ?的なニュアンスだもんなあ。そっかあ・・・素顔のサンタさんってどんな顔だったんだろうなあ。ていうか、サンタさんに直接会えたってだけでも歌ってる女の子はラッキーガールだよなあ」などと思っていた。

なので僕にとって、クリスマスの一大関心事は『サンタクロースにいちど会ってみたい。そして、ちゃんともみあげをつけてるかどうか、この目で確かめたい』だった。

そんな思い出がたくさん詰まっているにも関らず、残念ながら僕はいまだかつて「一六のクリスマスケーキ」を一度も食べたことがない。なので、美味しいのか不味いのかもわからない。でも、あれだけ毎年繰り返し広告で謳っていたんだから、そりゃあもう相当な代物なんだろう。いったい、どれくらいトロロンでプルンプルンでフワフワなんだろう。

すっかり大人になった僕にとって、いまではそれがクリスマスの一大関心事である。



(了)


スポンサーサイト


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Comments:5

URL 2008-12-28 (日) 01:01

トロロン プルンプルン フワフワさワロタwww

URL 2008-12-27 (土) 15:54

私も愛媛県民です。
一六のクリスマスCMは幼少の頃から慣れ親しんでますね~。懐かしいです。

あのCMは、お父さんに仕事帰りにケーキとプレゼント(=おみやげ)を忘れず買ってこいというクリスマス商戦だと思ってたんですが、まさか曲名が『踊れサンタクロース』だったとは…
踊る要素が全く盛り込まれてないですね(;´д`)

URL 2008-12-27 (土) 14:06

にはちソバ、一六タルト…ホント実家に帰ったら懐かしいCMが耳につきます。ひめラ~イス♪ とか。

ハラミ URL 2008-12-26 (金) 10:40

トロロン プルンプルン フワフワさ。

あとねあとね「ラクラクラックツリーラック」と
「信州信濃の新蕎麦よりも わたしゃあなたのそばが良い」

頭から離れんです。

まり URL 2008-12-24 (水) 23:43

久コメです(つω`)

パパと~そうでしょね
が省略された短いバージョンのが多いですよね(`・ω・´)

ちなみに今日、一六のチーズケーキ食べました。チーズケーキは結構おいしいですよヾ(゜∀。)ノ

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://humania.blog9.fc2.com/tb.php/460-0ffb78fe
Listed below are links to weblogs that reference
望郷のクリスマス from そう、妄想も嘘。

Home > Essay > 望郷のクリスマス

Search
Feeds
Others
あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。