Home > スポンサー広告 > ちんちくりん

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Comments:-

RUTY URL 2009-02-23 (月) 09:55

ショップの店員さんに「ちんちくりんだと思われたくない」という理由で、無料の裾上げを頼まない、または見栄を張って試着室の中で心持ちピンの位置を細工するなどして、結局妻に裾上げをさせる男もいます。うちの亭主です _| ̄|○

みど。 URL 2009-02-22 (日) 10:11

この場合・・ちんちくりんというよりも
つんつるてんの方がしっくりくると思うのは
ワタシがおばちゃんだからか?と無駄に悩む。

sumie URL 2009-02-21 (土) 21:19

永井大って・・・
マサルなのーーーー!!!

りゅうみ URL 2009-02-21 (土) 01:26

私は、ショップで、こ洒落た店員に、「そちらのスカートはグリーンになりますね~。あ、そっちのは白のタートルですね~」と説明になってない説明をされて付きまとわれると、「ワタシが色盲だとでもいいたいのか?見ればわかるわいっ」とつかみかかりたくなるんですが・・・・。
ワタシだけかな・・・(汗)

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://humania.blog9.fc2.com/tb.php/473-614149f6
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from そう、妄想も嘘。

Home > スポンサー広告 > ちんちくりん

Home > Essay > ちんちくりん

ちんちくりん

ちんちくりん

新しいズボンを履いてみた。
正月のバーゲンのときに買ったやつ。
ポケットに手を突っ込むと、輪っか状の布切れが二つ、出てきた。
ああ、あれだ。
ズボンの裾を直したときの切れ端。

「こんだけ切って、お前はやっとズボンを履く資格を得た」

そう言われてるような気がした。
これって、どうなの?
君らも切ってんの?それともほとんど切らずに済んでんの?
俺、結構ざっくりやられちゃってるですけど。
んで、いつも試着室で言われる。

「ここ針ついてるんで脱ぐとき気をつけてください」

わかってるよ、もう。
毎回毎回うるせえんだよ、こんちくしょうめ。
そんなわかりきった忠告、俺からしたらあれだ。
トイレでうんこしてるときに、

「尻にうんこ付いてるんで、出るとき拭いてください」

ってわざわざ言われてるようなもんだよ?
なめてんのか?

そこでひとつ、提案なんだけど。

ズボン、最初から「俺サイズ」にしといてもらえませんかね?

いや、別に足が短いってわけじゃないよ?たぶん、標準。
まあ、もしかしたら標準より若干、ほんのちーと、足りないレヴェル。
おそらく平均サイズで充分渡り合えるだけの戦力は整ってると思う。
だからメーカーさんには最大公約数的な基準で考えてほしいな、と。
平均的な足の長さでデザインしといたほうが合理的じゃねえの、と。

だって、そしたら大半は何も処理せずにズボンを買えるわけです。
後日、受け取るためだけにわざわざ店に行かなくて済むわけです。
スマートなショッピングができて、精神衛生上よろしいわけです。
無駄な生地が出なくて、ちょっとしたエコにもなっちゃうわけです。

え?モデル?
ああ、脇の下から足が生えてるような奴らは、そのままでいいよ。
あいつらはね、ちんちくりんのままで履かせとけばいいと思う。
それはそれで「俺、足長え!」の証明にもなるわけだし。
スタイル良いから、ちんちくりんでもどうせ履きこなすんだろうし。

あ。
でも、待てよ。

そうやって足長い奴が、ちんちくりんズボンを堂々と履いてたら?
ファッション誌でソックス全開の足元が表紙を飾ったりしてたら?

そっちのスタイルが・・・ト・・・レン・・・ド・・・に・・・!?

いや、むしろその可能性が大だろう。
永井はマサルでも可能性はダイだ。
そうなったら、きっとすぐに沸いて出てくるに違いない。

せっかくジャストサイズなのに、わざわざ裾上げする奴が。

ああ、もう!
意味ないよ、それじゃあよおお。

まったく意味がなくなるが、一度狂った歯車は元には戻せない。
ファッションは、時にあらぬ方向へと突き進んでいくもんである。

「裾が短ければ短いほど、おしゃれ」

いずれ勝俣州和がもてはやされる時代が到来するはずだ。
B'zの稲葉にいたっては「ネ申」扱いされるかもしれない。

「バカな」と笑う方がいるかもしれないが、歴史は雄弁に物語っている。
女子高生のスカートしかり、不良の学生服しかり。


ということで、今回の「俺サイズ」案は潔く却下したいと思う。

これまでどおり、裾上げ作業を甘んじて受けようじゃないか。
そして、ズボンを受け取るためだけに再び店へお伺いしよう。
で、ズボンを受け取るとき、言われるのだ。

「念のため、一度試着されてみますか?」

念のため?って、何のため?
いや、もちろん理由はわかってるけどさ。
毎回毎回うるせえんだよ、こんちくしょうめ。
そんなわかりきった確認、俺からしたらあれだ。

「ウォシュレットされてその後ちゃんと紙でも拭いて出てこられたとは思うんですけど、念のため、もう一回ウォシュレットされてみますか?」

って言われてるようなもんだよ。

いや、違う。
なんかちょっと違うんだけど、まあ、そんなことはどうでもいい。

裾上げした末に出来上がったズボンがまさかのちんちくりんだった俺からしたら、まったくもってどうでもいいです。



(了)


スポンサーサイト


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Comments:4

RUTY URL 2009-02-23 (月) 09:55

ショップの店員さんに「ちんちくりんだと思われたくない」という理由で、無料の裾上げを頼まない、または見栄を張って試着室の中で心持ちピンの位置を細工するなどして、結局妻に裾上げをさせる男もいます。うちの亭主です _| ̄|○

みど。 URL 2009-02-22 (日) 10:11

この場合・・ちんちくりんというよりも
つんつるてんの方がしっくりくると思うのは
ワタシがおばちゃんだからか?と無駄に悩む。

sumie URL 2009-02-21 (土) 21:19

永井大って・・・
マサルなのーーーー!!!

りゅうみ URL 2009-02-21 (土) 01:26

私は、ショップで、こ洒落た店員に、「そちらのスカートはグリーンになりますね~。あ、そっちのは白のタートルですね~」と説明になってない説明をされて付きまとわれると、「ワタシが色盲だとでもいいたいのか?見ればわかるわいっ」とつかみかかりたくなるんですが・・・・。
ワタシだけかな・・・(汗)

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://humania.blog9.fc2.com/tb.php/473-614149f6
Listed below are links to weblogs that reference
ちんちくりん from そう、妄想も嘘。

Home > Essay > ちんちくりん

Search
Feeds
Others
あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。