Home > スポンサー広告 > 帰省せず猛省中

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Comments:-

パイ URL 2009-08-24 (月) 23:13

タイーホされながらも小旅行とかけてお薬と解いちゃってる
感じがたまらないですね。バッドトリップ!

※僕もこの前仕事中にやらかしちまいました。
仕 事 が な く な り そ う で す

aki URL 2009-08-14 (金) 18:04

「ネズミ捕り」ってことは「張って」たんですよね。
対向車がパッシングして教えてくれなかったですか?
北海道の道は空いていて対向車もいなかったかー(^^;)
ざんねん。

って、事故ったンじゃなくてよかったじゃないですか(^^)ノ

はる URL 2009-08-14 (金) 00:29

私も反則金は1回あります(´・ω・`)
白バイさんに追いかけられたときには、胃がキューってなりました。
スピード違反はいかんですよね。
気をつけましょう!

ピラまく URL 2009-08-12 (水) 13:57

私も2回やったことあります。
1回目は一般道路で20km超くらい
2回目は高速道路で50km超。
免停も痛かったけど罰金も痛かったです。
1回目4万円で2回目8万円。(;- -)
ねじまき鳥さんのコメントが本当なら嬉しいなぁ。

ねじまき鳥 URL 2009-08-12 (水) 09:40

僕も二回免停やったことありますが、五年くらい無違反なら前科消えますぜ、たしか。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://humania.blog9.fc2.com/tb.php/498-f9db3814
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from そう、妄想も嘘。

Home > スポンサー広告 > 帰省せず猛省中

Home > Essay > 帰省せず猛省中

帰省せず猛省中

帰省せず猛省中

お塩さんやらのりPやらが相次いでタイーホされる、というセンセーショナルなニウスで世間がてんやわんやだ。

それぞれが単独でも相当濃い内容にも関わらず、幸か不幸かネタの中身まで被ってしまうという由々しき事態。

ブロガーと呼ばれる天然記念物たちにとってみれば、書くネタに困らないラリパッパ特需ともいえる状況であり、おそらくは猫も杓子も鉄格子の中でションボリしてる二人について勝手な私見を書き散らかしていることだろう。

だのに、僕はいっこうにネタにする気分にはなれんのである。

否。

自分にはネタにする資格など無いのであります。

自分は、彼らと同じ穴のムジナなのであります。



じつは、捕まつちまいまして。。。



自分は不器用ですから、、、

とか、おどけてる場合じゃなくてですね・・・。

本気で、真面目に、リアルな話。

お縄を頂戴してしまったのである。



例の、ほら、スピードっていうんですか?

あれをですね、バッキバキにキメてるところを、みごとに。

ええ・・・いわゆる、現行犯っていうやつで。



旭山動物園まで、ほんのあと数キロメートルってとこだったのに、、、



初めての免停。

初めての供述調書。


「急がば回れ」とは昔の人もよく言ったもんだ。

みごとにそのとおりだったもの。

ていうか、むしろ「急がばお巡り」だった。


「楽しいはずの家族旅行が一転、、、」なんてフレーズをワイドショーやなんかでたまに聞くことあったけど、まさにそれ。

結局、楽しみにしていた旭山動物園を目前に1時間ほど時間をロスし、10万円以下の罰金という金銭的なロス、家族の視線は「なにやってんだよお前、コロス」、取締警察官からしてみればきっと「ちょwwwおまwww、ワロスwwwww」、そしてなにより“前科者”になったことによる社会的信用のロスト。

茫然自失、とはまさにこのことだ。


なので、やっと着いた旭山動物園だったけど、何を見たって無感動。

でっかいマナコが筒の中をを行ったり来たりしてたなあとか、ホームレスみたいな人が上手にうんていしてたなあとか、全体的に記憶がおぼろげ。

頭が真っ白になっていたせいか、熊もなんか白っぽく見えたし。

唯一、鮮明に覚えているのは、水中で素早く泳ぐペンギンを見た子供が「陸では歩くの遅いけど水の中だとスピード違反だね!」と瞳を輝かせていたことくらい。

“行動展示”を謳いながら、じっさいには餌の時間にならないと全然行動してくれない動物たちをぼんやり眺めながら「俺は檻の中に入らなくて済んだだけましだったのかも、、、」なんて思ったり。

もはや己の比較対象が人間ですらないことに愕然としつつも、動物園のそばでネズミ捕りにひっかかった自分は愚かなドブネズミなのだと気付いた。


まあ、文字通り『トリップ』してたからなあ。

たしかに若干テンションも上がってたしなあ。


にしたって、そんなのが理由にならんことは百も承知。

こうして実際に当事者になってみると本当に痛感する。

スピード違反はだめ。ほんとうに、ぜったいに、だめ。


というわけで、今回の家族旅行を総括するならば、

「無違反ではなかったけれど、無事故で旅を終えられてよかった」

そう思いたい。

ていうか、そう思うしかない。


人生とは、そんな下方修正の連続なのかもしれない。

もちろん、今後は車の速度も下方修正する所存です。



(了)


スポンサーサイト


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Comments:5

パイ URL 2009-08-24 (月) 23:13

タイーホされながらも小旅行とかけてお薬と解いちゃってる
感じがたまらないですね。バッドトリップ!

※僕もこの前仕事中にやらかしちまいました。
仕 事 が な く な り そ う で す

aki URL 2009-08-14 (金) 18:04

「ネズミ捕り」ってことは「張って」たんですよね。
対向車がパッシングして教えてくれなかったですか?
北海道の道は空いていて対向車もいなかったかー(^^;)
ざんねん。

って、事故ったンじゃなくてよかったじゃないですか(^^)ノ

はる URL 2009-08-14 (金) 00:29

私も反則金は1回あります(´・ω・`)
白バイさんに追いかけられたときには、胃がキューってなりました。
スピード違反はいかんですよね。
気をつけましょう!

ピラまく URL 2009-08-12 (水) 13:57

私も2回やったことあります。
1回目は一般道路で20km超くらい
2回目は高速道路で50km超。
免停も痛かったけど罰金も痛かったです。
1回目4万円で2回目8万円。(;- -)
ねじまき鳥さんのコメントが本当なら嬉しいなぁ。

ねじまき鳥 URL 2009-08-12 (水) 09:40

僕も二回免停やったことありますが、五年くらい無違反なら前科消えますぜ、たしか。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://humania.blog9.fc2.com/tb.php/498-f9db3814
Listed below are links to weblogs that reference
帰省せず猛省中 from そう、妄想も嘘。

Home > Essay > 帰省せず猛省中

Search
Feeds
Others
あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。