Home > スポンサー広告 > ぺこぺこ

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > スポンサー広告 > ぺこぺこ

Home > Essay > ぺこぺこ

ぺこぺこ

ぺこぺこ

腹が減っているとき、ヒトは云う。

「おなかが、ペコペコ」

ペコペコって、なんなんだ。

いつから僕らは、自分が空腹だと伝える表現を、
「ペコペコ」と云うようになってしまったのだろう。


「鼻が、ズルズル」
「耳が、キンキン」
「頭が、ガンガン」
「足が、ガクガク」
「腕が、パンパン」
「肌が、ヒリヒリ」
「目が、しょぼしょぼ」

これらは、わかる。とてもわかる。
最後の「しょぼしょぼ」は、ちょっとどうかとも思うが、
いずれにしても、実際に肉体が、そう叫んでいるのだ。
他の表現を見つけるのは、なかなか難しい。

だが、「ペコペコ」は、どうだろう。
お前、実はまだ余裕あるだろう、という響きが、そこにはある。
要するに、「ペコペコ」は、本人の状態や想いとは裏腹に、
切実さに欠けた表現だと思わざるを得ないのだ。

付け加えておくが、「おなかが、グーグー」も一緒だ。
英語圏の人間からすると、「おなかが、good! good!」。
むしろ、ポジティブな印象になってしまう。


前置きが非常に長くなってしまった。本題に入ろう。

電話口で、先方からこんなことを云われた経験があるはずだ。

『いまちょっと、バタバタしてまして』

忙しいということを、やんわり伝えられている。
あー、急がしいんだな。そう思う。
僕は、「大変ですね」と答える。

それでは、こう云われると、どうだろうか。

『いまちょっと、ドタバタしてまして』

かなり、たてこんでそうだ。
複数の人間が関わっていそうな表現に、様変わりしている。
それに、なんとなく彼らが大柄な図体を思わせるから不思議だ。
ここでも僕は、「大変ですね」と答える。


ここまでは、まあわかる。
先方はとにかくたいへんなのだ。
しかし、こんなことを云われた僕は、どう答えれば良かったのだろう。


『いまちょっと、ジタバタしてまして』

もはや、忙しいとかいう問題では、なくなってる。

人間は、ある一定ののレベルを超えると、自分でも
何を云っているか、判断がつかなくなるのかもしれない。

僕はとりあえず、「あきらめが悪いですね」とだけ答えて、
受話器をそっと置いた。
スポンサーサイト


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Home > Essay > ぺこぺこ

Search
Feeds
Others
あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。