Home > スポンサー広告 > サブウェイ

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Comments:-

ヤマザキ URL 2010-02-20 (土) 20:10

ヤマウチとヤマザキも似てる

返事をしたらヤマザキじゃなかったときは窓割って全力疾走で逃げたい

イワタ URL 2010-02-19 (金) 11:40

失礼いたしやーす!


「・・タさんっ?
 ・・・・・いないの?」

【イワタ】と【ヒラタ】
【イワタ】と【ヌマタ】
意外と似てる
※声に出してみてね
もんですから
お返事するのに
間(数秒)空けてしまう



「はーい!」
お返事したらば
【イワタ】じゃなかった

・・・・・こともちらほら


あとあと
こみ上げてる恥ずかしさ
ったらねえ。。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://humania.blog9.fc2.com/tb.php/508-8dbcbd16
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from そう、妄想も嘘。

Home > スポンサー広告 > サブウェイ

Home > Essay > サブウェイ

サブウェイ

サブウェイ

そうそう、このまえ近所の坊さんがすげえ派手な色のを着ててさー・・・





って、それは作務衣(さむえ)!





というわけでサブウェイの話です。
サンドイッチ屋の『SUBWAY』。

会社の近所にあるから、たまにランチで利用するんだけど。
あそこは他のファストフード・チェーンとは違う、独特の空気感を感じる。
「Hi!アメリカからやって来たYo!」っぽさが根強く残ってるっていうか。
店員と客のコミュニケーションを大切にしてる気がするのだ。
オーダーメイドで作ってくれるのはすごく嬉しいんだけどさ。

サンドイッチ1個注文するにしても、いちいち面倒なのである。

パンの種類を選んで、トーストするかどうか選んで、はさむ具を選んで、好きな具を多めにして、嫌いな具を抜いて、ソースを選んで・・・ってもう、聞かれては答え、聞かれては答え、の連続。
Q&Aのやりとりがハンパない。
問答無用の勢いで問答させられるのだ。

ちなみに俺がよく行く店は、ロケーション的に外国人客が多い店で。
ロングサイズのサンドイッチを頬張るガイジンリーマンをよく見かけるし。
店側も外国人スタッフを店員に雇ってたりする、そんな店なんだけど。

つい先日も、その異国情緒たっぷりのSUBWAYに行きまして。

昼どきで混んでてオーダーの列が出来てたので、最後尾に並んだら。
案の定、すぐ前がガイジン(中年のおっさん)で。

でもその人はいつも店に来るような『ワタシ、海外赴任中デス、ニッポンノ女は最高デス!』系じゃなくて、ガイドブック片手にでかいリュックしょってたから、たぶん観光客だろう。

「観光旅行で日本に来てまでサブウェイかよ」と思いつつ、でも自分も海外旅行に行って日本食を食べたりするからその心理はわからんでもないなー、と思い直したり。

そんなこんなしてるうちに、その外国人観光客の順番になったんだけど。
「次のかたー!」って呼ばれても、どうも彼は気付いてない様子。
だけど、よくよく見ると気付いてないんじゃなくて解ってないようなのだ。
日本語が全くダメで「次のかた」が理解できずに「what?」みたいな反応になっとるのである。

結局、店員が「どうぞどうぞどうぞ」とダチョウ倶楽部ばりのジェスチャーで呼びよせて、ようやくご理解。
んで、例のQ&A合戦をはじめたのだが、店員も店員で英語があまりできないらしく、観光客のオーダーを何度も聞き返してて。

なんかまごついてんなー、って思ってたら、今度は「ツギノカター」ってカタコトの日本語が聞こえてくるわけです。
で、声のほうを見たら外国人の店員さんが俺を呼んでて。
「ナニニナサイマスカ?」みたいなカタコトの日本語で接客をはじめたのだ。

こっちは純正の日本人だから普通に日本語でオーダーするんだけど、その店員は日本語があまり上手じゃないみたいで俺の言うことに「what?」みたいな調子でいちいち聞き返してくるもんだから、こっちもこっちでまごついちゃって。

オーダーしながら、これって変だよな、と思ったわけです。



「おれがあいつであいつがおれで」じゃね?



往年の『転校生』じゃあるまいに。

店の思惑からすると、外国人客の接客をするのが外国人店員で、日本人客には日本人店員でしょうよ。
接客ローテーションの都合上そうなったんだろうけど、そのへんは上手く対応してほしかったなあ、と。

結局、外国人観光客も俺もオーダーに時間がかかっちゃって、サンドイッチ一個買うのもひと苦労。
店を出たときに偶然、その彼とばったり出くわして、向こうが「お互い、買うのに苦労したねえ」みたいな感じで首をすくめてきたから、こっちも「ほんと、まいっちゃうよねえ」的なノリで同じように首をすくめたんだけど。





どうやら彼は、たんに寒くて首すくめただけだったっぽい。





うそーん!

彼のアクションに応えるように首すくめた自分が無性に恥ずかしくなって。
「うわあ、穴があったら入りてえ!」って思ってたところへ、店のすぐ前に地下鉄の出入口があったんで迷わず潜り込みました。



(了)


スポンサーサイト


シンプルにしながら参加中。記事を読んでいただいた上にこのボタンを押してもらえたなら二重のヨロコビです。ありがとう。


Comments:2

ヤマザキ URL 2010-02-20 (土) 20:10

ヤマウチとヤマザキも似てる

返事をしたらヤマザキじゃなかったときは窓割って全力疾走で逃げたい

イワタ URL 2010-02-19 (金) 11:40

失礼いたしやーす!


「・・タさんっ?
 ・・・・・いないの?」

【イワタ】と【ヒラタ】
【イワタ】と【ヌマタ】
意外と似てる
※声に出してみてね
もんですから
お返事するのに
間(数秒)空けてしまう



「はーい!」
お返事したらば
【イワタ】じゃなかった

・・・・・こともちらほら


あとあと
こみ上げてる恥ずかしさ
ったらねえ。。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://humania.blog9.fc2.com/tb.php/508-8dbcbd16
Listed below are links to weblogs that reference
サブウェイ from そう、妄想も嘘。

Home > Essay > サブウェイ

Search
Feeds
Others
あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。